hide-okierabu’s blog

管理会社勤務23年間の実務経験を活かしてマンション管理の真実を公開し社会善へ向けて日本の旧体質を打破して行きたい為に開設致しました。

おはようございます。

久しぶりの投稿になります。約2週間インフルエンザBで苦労しました。57歳での発症、八度七分の熱がでて体の節々が痛く、食欲無し、寝汗で夜中に2~3回下着を取り換える。高齢者のインフルエンザ感染者がたまに亡くなるニュースを耳にしていたが、我が身で少し入口を垣間見た思いでした。予防接種もし、うがい手洗いマスクと人一倍注意しておりましたが、社内で先陣を切り一種の風評被害的な立場に立たされ、バイキン扱いが今でも続いてます。皆さん、マダマダ油断禁物です!お気をつけて下さい。

マンション管理士としてマンション管理の現状調査に拘わらさせて頂き、建物の老い・人の老いと管理の在り方に疑問や不安を感じた次第です。現行「区分所有法」がいつまで現状のマンション管理をコントロールできるか難しい状況に来ていると思います。

国交省は「自主管理」こそが管理の基本と言っていますが、先程の二つの老いを考えた場合には矛盾点が多すぎるのが現状です。又、超高層マンションの管理費設定や固定資産税の件も「法の老い」に陥る可能性が十分にあります。マンション管理適正化法で管理を受注する管理会社は一定の法や国・協会の管理下に置かれますが、当初会社の寮等を一棟買いした中小デべ等の会社がマンション管理適正化法を知らず区分販売し長期間に渡り規約も組合も存在しない集合住宅が存在しているのも事実です。

行政の実態調査は5年置きに繰り返し繰り返し予算消去の如く費やされて、答申書も何回も何回も提出されていますが、一向に改善の方向に進んでいるとは言えない状況です。高齢化・少子化・・・様々な問題を抱えたまま、討議討議のみで時が過行く、これでいいのだろうか?関係者各位の認識や責任が再認識され統合されて一つの行動になることを願う日々である。

 

 

おはようございます!

久しぶりにゆっくりと休日をスタートさせています。鉢植えの折鶴蘭の花が日々咲き香り、人間ジャングルの欲望と葛藤のコンクリート監修所社会から解放され帰宅した自分を慰め労わってくれます。

不確実性の時代、個性個性と言っているが、他に合わせることに異常なまでに神経を使う。いわゆる「群れる」に身を置き安心をえる。まるでイワシの群れやアフリカの平原で群れる動物に思えるのは自分だけだろうか?

社会人になり、少しでも他人よりくだらないことで優位に立つと威厳を持ち、ガラス細工のようにたわいもないことで砕け散る。学生時代の自分は何処にやら・・・雑踏の中なら過去に拘る必要はないと自負し他を見下す者達が増えたことよ。

部外者的意見ばかりで当事者的見解を出せる者は皆無である。これも思想のバブルとは言えないだろうか?学ぶことを忘れた「知恵ある畜生」と人間を表現した哲人がいたが、当に大多数が相当するように思われる。

仏は「一切衆生悉有仏性」と説き、それを基準にして法や道徳が出来上がり、歴史の一定期間では重視され、一定の精神的コントロールがされて来た感があるが、今や自然界の汚物でしかないような生き方がまかり通っている感がする。

あらゆる自然界の植物・生物・・・は生命連鎖の中に生死を繰り替えしているが、人間はこの連鎖に入り込めない厄介者であることは歴然としている。この我儘不道徳で傲慢な生き物も必ず死ぬのであるが、生死(流転を繰り返す大宇宙の生命)と言う厳然たる森羅万象の法則のどの生命状態の中に溶け征くのであろうか?「地獄」とはこの宇宙生命の中に厳然として存在している。宇宙生命の「成・住・壊・空」の連鎖のリズムから外れた生命群(地獄と表現)に溶け込み宇宙大の時間、もがき苦しむのだろう。

再び「人間」に生まれることは奇跡に近い。昨日も電車の中でこの世に誕生する生命があった、方や宿ったと思っても捨て去られる生命もある。先祖が全て天国と称されるところに流転していれば・・・地球上の人口はこんなものではないだろう。9割は宇宙生命の流転のリズムに置き去られた世界(地獄と称す)に浮遊滞留しているのであろうか・・・。と何故かこんなことを考え、休みがスタートしている。

f:id:hide-okierabu:20171229063337j:plain

あけましておめでとうございます!

2018年がスタートしました。

昨年は個人的に激動・変化の渦に巻き込まれて人生の大きな転換期となりました。

現実維持に必死で選択肢は少なく、殆どが運命的な選択になり納得いかない点が多くありますが、前向きに全力で頑張って参ります。

1日は高津文化会館で新年勤行会、2日は栃木(小山)の浄圓寺に参拝し本部での勤行会に。例年のルートです。浄圓寺は学会に日寛上人様書の御本尊、日興上人様書の御本尊をお下げ渡しして下さったお寺。池田先生も来寺しています。創価学会が御本尊を下付した当時は会員の来寺で賑やかだったようですが、今は閑散としており一般の椅子席前に御鈴が置かれており自由に勤行できます。御本尊様は日達上人様が昭和43年に認めた板曼荼羅が御安置されています。日寛上人様の御本尊は土蔵に長年保管されており、保存状態が非常に悪く、お開きするのも困難な状態だったそうです。授与する状態にするのは大変だったようです。たまにSGIメンバーが来られるそうですよ。

私見ですが「御本尊」に「ニセ」なんてないと思っております。ニセとは御本尊を物質的に見た場合、例えば日顕宗の大石寺安置の本尊は当時の信者が信心の形として大聖人様直筆の御本尊と自分達の名を記して作成した「合作」。学会の御本尊は「電子処理」した言えば「コピー」。当然ですよね!

但し、「御信心に因るべく候・・」って視点からすれば大聖人様が「日蓮が慈悲広大ならば・・・・万年までも流るべし」は何を意味するのか?今信心薄い人たちが論争している「物質的見地」の御本尊なら当時、何に御本尊を顕現したらよかったのか?又保存方法は?変ですよね!

大聖人様が何故「題目」の流布から始めたのか?当時は武士達は文字を読めたが、庶民の多くは文字が読めなかった時代背景もあるが、「御本尊・題目」とは?そもそも何なのか?「戸田先生=地球以外の星では、我々には共産党と聞こえる音律の題目が有ってもおかしくないんだよ・・」って意味合いのことを言われている。たぶん、地球上に今生存している全人類=凡夫には到底その思料が及ぶ範囲ではないのであろう。宇宙大の境涯を有され、宇宙をも創造し「成・住・壊・空」をも司る御本仏、我々人類の歴史・文化で判断できるものではない。

万年に流布するには「三宝」が必要ですが、正邪共に「御本尊」について受分に大聖人様の御真意を今こそ研鑽すべきであろう。さあ!大宇宙のリズムに己が生命のギァを噛み合わせてスタートだ(⋈◍>◡<◍)。✧♡

「大勝利!大前進!」の一年たれ!

f:id:hide-okierabu:20171229063337j:plain

本当に久しぶりの投稿になります。

多忙でかまけてしまいました。

「管理不全マンション」調査で知ったこと、自主管理物件で管理組合運営・理事会等が機能していなかったが、5年前に一人の御婦人が立ち上がり理事長となってから独学でマンション管理を学び奮闘していた。今回の調査対象物件リストに記載されており、外見上完全に「管理不全」と思われる様相を呈していた。4階建て26戸、空き家が4件程外から確認できる。屋上には草が生い茂り、ELV・エントランスは無くいきなり階段が3ヵ所ある。理事長さんは仕事が忙しく9月に一度ヒアリングを予定していたが都合で流れ流れになり11月末の調査締め切り後の12月にヒアリング日時が決定。

御会いしてビックリ、ペットに関する規約を改訂していた。又、昨年給水設備の改修工事を実施。適正化法には今一適合しないが、理事会・総会を開催して滞納物件の競売もしている。議事録等は存在しないが、一応記録が存在する。長期修繕計画もないが修繕積立金を積み上げて大規模修繕工事を計画している。空室に関する関心も高く、又総会出席(委任・議決権行使書らしきものを含む)90%を超え、皆で不動産会社や知人に協力し1~3か月で埋まるそうです。

管理不全から脱出しつつあるが、管理不全に陥いっている状況。建物の老い・人の老いが一番影響する「管理不全」。行政やマンション管理士の力や取り組みが重要になっている現状です。一定のマンション適正化法・・・管理会社・管理業務主任者マンション管理士等に関する決め事となっているが、自主管理物件に関する「区分所有法」の整備が急がれることだろう。一定基準の管理が実施されている管理組合の「修繕積立金」の公的「供託機構」を10年前から提唱しているが、誰一人として聞いてくれない。管理会社がコントロールできる大規模修繕、そしてその積立金。ここをしっかりと公的に管理して行くと管理会社・大規模修繕工事関係会社等の健全なる整備につながると思う。

如何でしょうか?少し乱暴でしょうが一考の価値は有ると思います。

激動の2017年を大勝利で終え、「栄光」の2018年を全力スタートして参りましょう(^_-)-☆

我が城「マンション管理士 OfficeーWakita」 

マンション管理の疑問に管理会社勤務23年間の経験を活かし誠実にスピーディに対応致します。

やっと事務所みたいに格好付けが出来ました。生活リズムを一新して活動的な攻めの波長へ切り替えです。朝4時~4時半に起床、ストレッチ体操・コーヒ片手にPC確認、5時半~朝風呂、6時~朝御飯、勤行を済ませ出勤。

今再び管理会社にフィールドを移しながらマンション管理士活動をスタートする。多忙で体が有難い悲鳴を上げているが・・・前に進むしかない。

 

 

 

f:id:hide-okierabu:20171123214540j:plain

11月3日に川崎市高津区梶ヶ谷に単身引っ越し「マンション管理士 OfficeーWakita」を開設、スタートしています。

管理会社実務経験23年、N・Dと大手管理会社での経験を生かしたバランス感覚を持っている管理士と自負しております。

一番嫌なのが「先生」と呼ばれること、経験も無いペーパードライバーが高速道路を逆相している感のある現状の管理士に不満を持つ管理士が今、スタートを切っております。幕末の長州藩的な存在になれればと思っておりますが・・・。

こんな「マンション管理士」を宜しく御願い申し上げます。 f:id:hide-okierabu:20171115205412j:plain

 

f:id:hide-okierabu:20171115205439j:plain

 

 

 

 

久しぶりにブログに向き合っています。

2年前に管理会社を退し、息子が知人と立ち上げたメンテナンス会社で頑張っていたのですが倒産し様々な流転を経て、今再び管理会社勤務に就きます。

野村・大京と経験して参りましたが、お客様目線の心はあっても体制許さないことを痛烈に感じさせられた23年間でした。顧客と会社、顧客・会社・販社・ゼネコンとの間でもがき苦しんだ日々。3.11の夜、部下には翌日の現場確認を指示し掲示物作成を命じ、翌日訪問物件の割り振りや、被害状況掌握POINTを説明し「とにかく来たことを明確に知るんだ!他社と違うことをしてアピールするんだ!」と激を飛ばし、総務に日中の早い時間に買い出しをさせて「酒盛り」をしながらネットであの悲惨な地獄絵をつまみにしていたDAの幹部(S・Y・H・・・)。1.17の時は野村にいた。野村の動きは速かったし、社員の安全確保を先ず行い、自助・共助・公助をしっかりと踏まえて対応していた。管理会社を退職するきっかけがDAにMAされて、以前の仲間や部下が尻尾を振って権力になびき孤立したことと、顧客や社員を大事にしない内向的体育会系の社内体制にうんざりしたからで有る。

常務直結のお抱えで5部署の課長職を同時にこなしていたこともあり、MAされて直ぐに「君はいつ辞めるんだ?」これがDAにH部長との始めての会話であった。三流が社内システム統制とインフラ構築を他社に先駆けて行い、管理戸数トップだけを常に狙っている。そして世間が一流と呼ぶようになっている「三流」がDAである。

こんな自分が「マンション管理士」として活動を始めて管理会社を敵対視していたが、今再び管理会社に勤務する道を選んだ!

何故だ・・・・、管理会社以上にマンション管理士の行く末に疑問を抱いたからである。ペーパードライバーがトップスピードで高速を突っ走っている、これが現状のマンション管理士の状況に思える。このままでは自分の知識や現場情報は偏ってしまい、時代遅れになってしまう。こんな焦りが身をよぎったのである。

現在56歳、管理士活動に専念し生活する状況では到底ないし、生きた管理の指導・助言をするには管理会社の情報には勝てないであろう。65歳まで現役を続けて年金生活に入り豊かな実務経験の下で管理士として活動することが「名医」となる王道であろう!